読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢幻花感想記

 東野圭吾の夢幻花を

友人に借りていてやっと読み終えたので記録。

 

あまり本は読まないので

東野圭吾は「ラプラスの魔女」以来まだ2冊目です。

ミステリー小説はいろいろと

考えながら読むのが好きなので読むのに時間がかかっちゃいます笑

 

序盤・中盤は面白く、さくさく読めました。

ただ後半のネタバラシがちょっとあっさりしすぎなのかな?とも思います。

 

ただ、ラプラスの魔女同様、登場人物たちには

非常に魅力的です!

こういった所と凝った設定や、

雑学、小ネタなどがおもしろいですね。

東野圭吾作品を読むとちょっと

頭が良くなった気がします笑

 

本のレビューは初めて書きましたが

ネタバレにならないようにと書くと難しいですね…

いったいどこまで書いていいのか分かりません。

本当はもっといろいろと感想を

言いたいんですけど…笑

 

せっかくなので今まで読んだ本も書いていこうかな。

 

夢幻花 (PHP文芸文庫)

夢幻花 (PHP文芸文庫)